Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

自家採種 オクラ

自家採種による種は野菜自ら、その畑の土や、気候、栽培法に適応したものになっており、育ちやすいので、なるべく種を採るようにしています。

オクラは着花から40~50日で褐色に熟してきます。

熟した赤オクラの蒴

f:id:ushidama:20171104134236j:plain

熟した五角オクラの蒴

f:id:ushidama:20171104134422j:plain

熟してきたら採果し、種出しは蒴を割って種子を取り出します。

赤オクラの種

f:id:ushidama:20171104135727j:plain

五角オクラの種

f:id:ushidama:20171104135818j:plain

丸オクラの種

f:id:ushidama:20171104135911j:plain

白オクラの種

f:id:ushidama:20171104135942j:plain

花オクラの種

f:id:ushidama:20171104140047j:plain

取り出した種子は天日で3日ほど干して、十分乾燥させます。乾燥が不十分だとカビが生えることがあります。

花オクラの種子は小粒で黒っぽいですが、他のオクラの種子は区別つきません。

昨年、種子を保存するときに混ざってしまい、どのオクラかわからなくなってしまったので、今年は名前を書いて、別々に保存することにします。

オクラの種子寿命は長く、低温、乾燥状態で5年ほどは高い発芽率を保持できるそうです。

?