Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

ウリ科野菜の病害虫

ウリハムシ

キュウリやカボチャなどウリ科の野菜にはウリハムシがよくつきます。成虫は葉を円形に食べ、丸く穴が開いたようになります。捕まえようとすると、すばやく逃げられることが多いです。

ウリハムシと食害にあったカボチャの葉

f:id:ushidama:20170802150244j:plain

ウリハムシはねぎを嫌うというので、混植しています。

うどんこ病

うどんこ病はカビの仲間で、葉の表面に白い粉がふいたような班ができ、ひどくなると葉全体が白い粉で覆われてしまいます。対策として重曹を噴霧したり、葉を摘み取り除去したりしていましたが、オオバコが良いと聞き、畑の周囲に植えました。オオバコはうどんこ病の寄生菌を増やし、うどんこ病菌は寄生菌によって死滅するということでした。効果があったのか最近はうどんこ病はひどくなっていません。ただ、オオバコの繁殖力は旺盛で通路一面に拡がっています。