Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

ハオルチア シンビフォルミス

シンビフォルミスは葉色が黄緑色なのが特徴で、丈夫で成長が早く、よく仔吹きします。 この仲間の宝草は明治時代に輸入されていて、古くから栽培されています。 ハオルチアのオブト系などは、日光が当たらない窓際や室内でも育てることができますが、シンビ…

多肉植物の土

多肉植物は砂漠のような乾燥地帯の砂地や岩の隙間に生息するものが多く、水はけの良い土壌を好みます。 多肉植物の植え替えにはサボテン・多肉植物の培養土とサボテン・多肉植物の土の2種類を使っています。 サボテン・多肉植物の培養土の方は軽石、鹿沼土、…

多肉植物の花3

冬型の多肉植物は冬の寒い時期に成長して、花を咲かせるものが多く、12月になってもいくつかの花が咲いています。 フォーカリアの仲間はすべて花が咲きました。 荒波は花芽がなかなか、できてこなかったので今年は咲かないかと思っていましたが、やっと、黄…

秋じゃがの収穫

秋植えのジャガイモ(アンデスレッド)を8月末に植えてから3ヵ月が経ちました。 12月に入り、葉や茎が霜にあたって枯れてきたので、イモを掘り出しました。 アンデスレッドは原種の血を引く栽培種で、丸いこぶし状の形をしたものが多く、表皮は薄く赤い色を…

ハオルチア3

通販サイトでハオルチアのお値打ちなものを見つけたので、取り寄せてみました。 梱包はしっかりしていて、ポットもしっかり固定され、ポットの上には紙が置かれ、押さえられていたので、土こぼれもありませんでした。 ハオルチアが5種類ですが、どれもみずみ…

ネギの収穫

鍋物に使うために九条ネギを収穫しました。 畑には九条ネギの他に、下仁田ネギとヤグラネギが植えてあります。 九条ネギはちょうど、収穫できる大きさになっていますが、下仁田ネギは今年できたネギ坊主から種を採って育てているため、まだまだ小さく、収穫…

冬の防寒対策

12月に入り、気温がぐっと下がってきました。 霜にあたったり、氷点下になって、畑の野菜や庭の鉢植えが枯れてしまうといけないので防寒対策をしました。 畑の野菜は、春キャベツなど冬越しするものや寒さに弱いものにトンネルをかけました。 10月に苗を植え…

白菜、キャベツの収穫

9月に植えた白菜とキャベツの苗も3ヵ月経ち、大きく成長し、しっかり葉が巻いてきました。 外側の葉は害虫に食べられ、特に白菜は網目状になっていましたが、内側は無キズで、きれいにできていました。 10月は雨が多く畑に出られずに、しばらくぶりに出かけ…

フェネストラリア

フェネストラリアは窓を意味する言葉で、名前のとおり、葉先にレンズのような窓があります。 原産地は南アフリカの乾燥地帯で、葉のほとんどは砂に埋もれていて、この天窓から光を取り入れ、光合成を行っています。 冬型の多肉植物で、夏の蒸れには弱く、風…

公園の紅葉3

近くの公園の紅葉も今が、見ごろになっています。 コナラやクヌギなどの紅葉した葉が、日差しを受けてキラキラと輝いています。 メタセコイヤの大樹の葉も赤茶色に染まってきました。 柳の葉は黄緑色になっています。 寒桜の花が満開になっていました。 椿の…

ハオルチア2

ハオルチアは日陰を好む陰性植物で、直射日光にさらされると枯れてしまいます。 しかし、室内である程度、明るければ、十分育てることができます。 生育適温は5度から40度で、冬の寒さには気をつけないといけないので、冬場は室内に入れて、ながめながら楽し…

ガステリア

ガステリアはアフリカ南部に分布している多肉植物で、肉厚で硬質の葉を持っています。 花が胃の形に似ていることからガステリアと名付けられたそうです。 古くから栽培されていて、葉色や模様、斑入りなど、さまざまな品種が作り出されています。 成長期は春…

丹波黒豆の収穫

丹波黒豆の房が大きく膨らんできたのを待っていたかのように、畑の近くに住みついている害獣(ヌートリア)が食べ始めたので、枝ごと刈り取って家の庭で干していましたが、しっかり乾燥して枝も房もこげ茶色になってきたので、豆を取り出しました。 虫食いも…

ウコンの収穫

寒さで葉が枯れてきたので、ウコンを収穫しました。 ウコンはショウガ科ウコン属の多年草で、春ウコン、秋ウコン、紫ウコンなどがありますが、栽培しているのは春ウコンです。 春ウコンは姜黄とも言われ、強い苦みと辛さがあり、健康食品や漬物の色付けなど…

チンゲン菜の収穫

もらった苗を育てたチンゲン菜ですが、立派に成長しました。 畑の周りの人からも、きれいにできているねと言われ、自己満足しています。 収穫を始めたところですが、40株ほど植えたので、しばらくは食べ続けることになりそうです。 まずは、チンゲン菜とキノ…